食事で改善可能な痛風【プリン体カットがオススメ】

痛みが強い病気

男の人

痛風は主に、男性がなりやすい病気の一種であります。なぜ、痛風というのかというと、風ふかれても痛みがわかるくらい痛みが強いことから痛風という病名になったともいわれています。痛風は主に関節が痛くなる病気であります。関節の痛みが強くなり、時には歩行困難になるほどの痛みがでるのであります。また痛みは日によって違う箇所に変わることもあります。痛みの原因は主に尿酸といわれています。尿酸とはプリン体という物質に多く含まれています。この物質を取りすぎてしまうと尿酸値高くなり、痛風を引き起こすのであります。なので、予防をしっかりしておくことが重要です。

痛風の予防策で一番良いのは食事に気を付けることであります。プリン体が多い食事を取ると症状がでやすいので、プリン体をできるだけ少なくする必要があります。そのためにも、ビールやアルコールは控えめにすることが良いとされます。それから、うにやたらこといった魚卵にも多く含まれているので注意が必要であります。他にも、かきなどの生ものやお肉など取りすぎてしまうと良くないので、きちんとバランスのとれた食事を心がけることが大切であると考えられます。また、食事のみならず運動なども併用して行うことが重要であります。それから、食事の際にできるだけたくさんのお水を飲んで、プリン体を体に溜めこまないようにすることも大切であると思います。また、葉酸やカリウムなどのプリン体を輩出する成分を積極的に摂取することも重要です。

食生活の改善が治療になる

悩む男性

痛風になりやすい人は肥満体質の人やお酒が好きな人です。プリン体が多く含まれた物を食べるのを控え、尿酸値を下げる食事をすることで改善が期待できます。また、サプリを使用することも薬に比べて優れた点があるため人気があります。

詳細へ

風が吹いても痛い病気

サプリメント

痛風は、プリン体が含まれている食事をしている人に多くみられる症状です。プリン体を多く摂取すると尿酸値が一定値を超え、足のつま先が痛みだし腫れる人もいます。プリン体が含まれている食品は、茹で零しすると吸収を抑えることができます。

詳細へ

痛みを緩和するために

落ち込む男の人

痛風の改善には、食事療法が大切です。しかし、毎日の献立を考えることは大変なので、痛風のサプリがおすすめです。症状の原因を抑える成分が入っているので、痛みを緩和させることができます。使用方法を守り、毎日続けましょう。

詳細へ