食事で改善可能な痛風【プリン体カットがオススメ】

痛みを緩和するために

落ち込む男の人

プリン体が少ない食品を

痛風は尿素値が高くなることで発症する病気です。食生活によって尿素値が高くなると言われていますので、毎日の食事には注意が必要です。プリン体とは、体内で尿酸に変わる物質で、ほとんどの食品に含まれています。このプリン体が含有量が少ない食品を摂取するようにこころがけることが、痛風の食事には大切になります。痛風に良い食べ物は、穀物類、鶏卵、果物・野菜類、芋類、海藻類、にんにく、しょうがなどです。逆に、プリン体の含有量が多く痛風に悪い食べ物は、レバー、煮干し、かつおぶし、干しいたけ、干物類、白子・アンコウの肝、真イワシ、カツオなどです。これらの食品を意識して献立を考えるようにしてください。食事での制限も大切ですが、痛風サプリを利用するのもおすすめです。

サプリの利用もおすすめ

痛風の食事は、プリン体が少ない食品を摂取するようにこころがけることが必要です。しかし、毎日の献立を考えるのは、なかなか難しいことです。そんな時に、痛風のサプリを利用するのもひとつの手です。サプリの特徴としては、血流改善させ尿酸を排出させる成分が入っていることです。痛風は、活性酸素が過剰に発生して、症状を悪化させているとも言われているので、活性酸素の発生を抑える成分が配合されていることも特徴です。このように症状を抑える効果があるサプリを利用することで、痛みを緩和させることができます。効果を発揮させるには、使用方法や使用量を守ることが大切です。毎日継続して摂取することで効果が現れるので、上手に利用しましょう。