食事で改善可能な痛風【プリン体カットがオススメ】

風が吹いても痛い病気

サプリメント

尿酸値を低くする

血液中の尿素の量が多くなると関節に結晶化して尿素が固まってしまいます。それが何らかの拍子に剥がれたことで酷い痛みを感じるのが痛風です。風が吹いても痛いと言われるほど些細なことで痛み、ある日突然に症状が訪れるのが特徴です。痛風は痛みが酷い時位は鎮痛剤などの対処療法も行われますが、食事の内容を変えることで症状を押さえることができます。痛風の原因は尿酸値が高くなることのため、食事の内容を尿酸が多くならないようにすることで症状が改善したり、再発を防ぐことができるようになります。それと同時に多すぎる尿素を体外へ排出するために水分をしっかり摂取して、新陳代謝を盛んにすることも痛風の症状を改善するのに効果的があると言われています。

調理のポイント

痛風の人の食事で気をつけるべきなのはプリン体です。レバーやエビ、魚卵などに多く含まれていて、通常は分解されて尿酸になって体外に排出されるのですが、プリン体が多すぎると尿酸の排出できる量を超えてしまって痛風の原因になってしまうためです。痛風の人の食事の中からプリン体を含むものすべてを取り除くのは難しいものです。調理の際にプリン体の多く含まれているものを使う時には一度茹で零しを行うようにしましょう。プリン体は水に溶けやすいという性質があるため、茹で零しをするだけでも体内に吸収されるプリン体の量は減少します。茹で零しをすれば肉や魚に含まれている脂分も減らすことができるので、ダイエットにも効果が期待できます。