食事で改善可能な痛風【プリン体カットがオススメ】

食生活の改善が治療になる

悩む男性

尿酸値を下げるために

痛風とは、尿酸が体に溜まりそれが結晶になることで激しい関節の痛みを伴う症状になる病気のことです。痛風になりやすい人は肥満体質の人やお酒が好きな人、20代以上の男性です。痛風を改善するためには食生活を改善することが最も効果的です。食生活を改善するにはまずプリン体が含まれる食べ物を控えることです。プリン体という成分が尿酸を作り、痛風の原因になります。食事をするときは、プリン体を多く含むレバーや魚などは控えめにするようにしましょう。お酒のほとんどはプリン体を含んでいますが、特にビールはプリン体が多いので出来るだけ控えるようにしましょう。また、痛風の発作はお酒を飲み過ぎた後に良く起こるので可能な限りはお酒は飲まない方が良いと言えます。

積極的に取ると良い物

痛風を改善するためにまず食事を見直して見ましょう。尿酸値を下げるには尿をアルカリ化する食品を取ると良いでしょう。尿酸はアルカリ性の液体に溶けやすいので、尿酸を薄くする効果があります。具体的には海藻や野菜などが尿をアルカリ化してくれます。なので、食事の時はこれらの食べ物を含んだ物を食べるようにしましょう。また、サプリメントなども人気です。サポニンなどの成分が含まれたサプリメントは血液をきれいにする効果があり、アンセリンという成分はプリン体を排出する働きがあります。これらのサプリメントを使う利点は薬に比べて、値段が安いという点と副作用があまりないという点です。プリン体を控えて、尿酸値を下げる食事を取りながら同時にサプリメントも使うことで早期に改善することが出来るでしょう。